不妊の原因は両者にある|二人の愛の結晶を授かるコツ

レディと赤ちゃん

妊娠中に欲しい栄養素

困るウーマン

葉酸は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを低減する妊婦に欠かせない栄養素です。そして、葉酸は水溶性のビタミンなので、調理中に壊れやすく体内への吸収率が悪い栄養素ですので、積極的に摂取するといいでしょう。

詳細

摂るべき栄養素

ウーマン

妊娠初期段階において、積極的に摂取したい栄養素に葉酸があります。そうすることで、胎児が先天性異常を伴って生まれてくるのを防止することが可能になるので、取り入れてみるといいでしょう。

詳細

身体全体の改善で妊娠へ

整体

最近の不妊整体では不妊に悩む方々の身体の機能を整体で向上させることにより、妊娠しやすい環境づくりをしています。他には、身体への負担を気にすることなく、施術を受けることが可能ですのでこちらで診てもらうといいでしょう。

詳細

子供を授かるためには

男女

理由の紹介

不妊の原因とは何かと言えば、加齢がまずあげられます。これは男女ともに当てはまる話です。初婚年齢の遅さがそれに拍車をかけていると言えます。そして、原因不明だとされている不妊は、夫婦の年齢が高まるごとに増えると言われています。近年ではこれが不妊症の三割近くを占めていると言われており、無視できない要素になっているのです。そのため、子供を授かろうと思ったら、遅くとも30代後半までに不妊治療に取り組む必要があります。そうしないと、精子あるいは卵子の妊孕性(子供を作る能力)は低下する一方となり、打つ手がなくなる恐れがあります。このように、どんな物事にも原因があり、それを追求することがゴールへの近道となるのです。それを意識しておきましょう。

男女別の問題

不妊の原因は夫婦の双方にある可能性もあります。では、女性側が抱えている問題とは一体何なのかと言いますと、月経異常や性感染症が考えられます。極端に痩せていたり太っていたりすると、月経が来たり来なかったりするのです。クラミジアや淋病にかかったことがある人も、欄干に問題を抱えていることがあります。腸閉塞を患ったことがある人も要注意です。男性側に不妊の原因がある場合は、糖尿病による影響が大きいと言えます。糖尿病は勃起障害が起きるというイメージがありますが、症状が進むと射精障害や精子制作能力の低下という事態を招いてしまいます。精神的なストレスなどから勃起障害を起こす人も少なからずおり、環境に対する注意も必要です。また、このような状態が深刻する前に産婦人科などの専門医療機関へ行き検査してもらい治療を行なうのがよいです。早めに病院で治療することにより悩みも解消できますし、妊娠することも可能になります。

おすすめ関連リンク集

  • 不妊治療のおすすめ病院

    身体の状態を把握し、適切な治療法を提案してくれます。不妊の原因を調べるクリニックはここで紹介されているのでチェックしてみよう。