不妊の原因は両者にある|二人の愛の結晶を授かるコツ

妊婦と先生

摂るべき栄養素

ウーマン

先天性異常の回避

現在の妊婦は、昔のように赤ちゃんの分もたくさん食べなさい、と体重増加を薦めるようなことはありませんが、妊娠中はバランスのよい食事を摂り、栄養不足にならないように気をつける必要があります。特に、近年妊娠初期において積極的に摂取が薦められているのが葉酸です。葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ホウレン草やモロヘイヤ、納豆など多くの食品に含まれています。妊娠初期に薦められている理由は、葉酸が胎児の先天性異常を防ぐといわれているからです。葉酸は細胞を増やし、臓器の形成に重要な役割を果たす栄養素だからです。また、妊娠中毒症や悪性貧血の改善、良質な母乳の生成にも役立つといわれ、妊娠中、産後にも積極的に摂取することがおすすめです。

サプリメントで補う

妊娠中に摂取したい葉酸の目安量は、一般成人に比べて1.5倍ほど多くなっています。葉酸はたくさんの食品に含まれていますが、水溶性のため、水や熱に弱い性質を持っています。調理時の段階でかなりの含有量が減ってしまう可能性が大きいです。ですから、サプリメントで不足分を補うかたちがおすすめです。サプリメントなら、数粒で1日の必要目安量を摂取することができます。もちろん、葉酸だけ摂取すればいいというわけではないので、基本はバランスのよい食事から栄養素を摂り、サプリメントはあくまでも補助的に利用しましょう。また、妊婦向けのサプリメントは、葉酸以外の、妊娠中不足しがちな栄養素を効率よく配合しています。食品より吸収率も高いといわれているので、おすすめです。